賢い鳩の駆除はプロにお任せ│状態が悪化する前に解決する

有効な駆除方法で

屋根裏

害虫駆除方法には3つのタイプがありますが、害虫の種類によって有効なものが違うため、駆除したい害虫に合わせて使用するのが効果的でおすすめです。さらに駆除後は害虫の侵入経路を塞ぐことが重要です。また、殺虫剤を使用する場合は子供やペットに有害なものが含まれていることもあるので注意が必要です。

害獣を駆除する

メンズ

害獣駆除はホームセンターなどで購入できる道具で行えますが、動物の種類によっては許可なく駆除してはいけない場合があるので駆除の前に法律の確認が必要です。自然界の動物が害獣とされてしまう一つの原因として人間が自然を脅かしていることもあるので、動物を傷付けることなく対処することが一番良いことだと思います。

害獣駆除が必要

ネズミ

ネズミは不衛生な生き物なので、健康被害を生じる事があります。被害を拡大させない為にも早めのネズミ駆除が必要です。ネズミ駆除業者へ相談すれば、素人には見つけられない出入り口も短期間で全て塞ぐ事が可能です。

飛来と糞害を防ぐには

はと

ベランダを好む理由

鳩は平和の象徴とされ、ペットとしても親しまれてきました。しかし、鳩は人間に一番近づいてくる鳥で、休憩場所や寝泊まりできる安全な場所を求めて建物に近づいたり、入り込んで来たりします。集合住宅などの高い建物では、ベランダに頻繁に来ては糞をして行きます。ベランダを好むのは日中に人がいない事と、物が雑然と置いてある事が多く身を隠せて安全な為です。鳩がベランダに頻繁に来る様になるまでには、安全な場所であるかどうかの偵察が何度も行われています。そして偵察のたびに糞を落とし、落とした糞がいつもある事を確認する事で、そこは安全な場所と判断します。安全な場所を見つけた鳩はそこに巣を作ろうとするので、そうなる前に駆除する必要があります。

鳥獣法違反に注意

鳩が頻繁に来る様になったら、その場所は既に安全な場所として認識されています。安全な場所を見つけた鳩は簡単には諦めず、何度追い払ってもまた飛んで来るようになります。こうなる前に何らかの対策を取る必要がありますが、鳩は鳥獣保護法により守られており、申請と許可がなければ駆除できない対象となっています。また、少し手荒い方法で追い払うなどのちょっとした行為も鳥獣法違反に該当してしまうので、駆除には本当に注意しなければなりません。法律に従った効果的な鳩の駆除を一般人が行うには無理があります。仮に一度追い払えたとしてもすぐに飛んできますし、次の手を打ってたとしても鳩は賢いのであまり効果が出ません。従って、鳩が飛んで来なくなる様な効果的な駆除をするには、専門知識を持ったプロの駆除業者が必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加