賢い鳩の駆除はプロにお任せ│状態が悪化する前に解決する

害獣を駆除する

メンズ

害獣になり得る動物とは

一般的に害獣と呼ばれる動物は、ハクビシン・アライグマ・ネズミ・コウモリです。地域や環境によっては、タヌキ・ネコ・ハトなどが害獣として扱われることもあります。もたらされる害は、糞尿による不衛生や建物の劣化・屋根裏の騒音・菌の感染・ダニやノミの繁殖・電気の配線が噛み千切られる・食品類が荒らされるなどです。動物の種類により発生する害は異なりますが、糞尿や菌に関してはどの動物でもあり得ます。害獣としてよく挙げられるにはネズミで、小さい体で侵入が容易である上に賢く繁殖力も高いのでなかなか厄介な害獣といわれています。ハクビシンやアライグマは比較的大きいので存在が見つけやすいのですが、ハクビシンは木登りが得意で屋根裏に侵入しやすいので物音や糞尿による天井の劣化が起こります。凶暴な一面があるので、可愛いからといって気安く近付いたり触ることは避けた方が良いです。コウモリは足音はありませんが、飛び回る音は結構なものです。飛びながら糞尿を出すので、不衛生な被害も凄まじいとされます。

無断駆除禁止の動物もいる

害獣駆除は専門業者に依頼することが望ましいですが、ある程度なら自分で行うことも可能です。しかし日本には動物に関する法律がいろいろあり、無断で駆除してはならない動物も存在します。害獣と呼ばれることもある動物の中にも駆除が禁止されている動物がおり、その動物はハクビシンです。ハクビシンは外来種とされていますが、いつ日本にやってきたのか不明で特定外来種の指定を受けていないことから駆除が禁止されています。ハクビシンの害獣駆除を行う際は、実際に起きている被害と鳥獣保護法を考慮した上での許可が必要です。許可なくハクビシンの害獣駆除を行った場合は法律により罰せられるので、ちゃんと許可を出してもらうことが大切です。また、業者の中にも許可なく無断で害獣駆除を行おうとしているところもあります。業者に依頼する時は、信頼性のある良質な業者を選ぶと良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加